ネイルオイルとハンドクリームの違い

同じ手の保湿アイテムとして、ネイルオイルとハンドクリームがあります。ネイルオイルは爪先の保湿に特化したもので、ハンドクリームは乾燥しやすい手の保湿に効果的です。
では、この二つは具体的にどのような違いがあるのでしょう。

まず、ネイルオイルは「オイル」の部類で、ハンドクリームは「クリーム」の部類になります。
オイルは肌に馴染み奥まで浸透しやすいので、硬い爪先の保湿だけでなく有効成分の浸透にも効果が期待できます。
エミオンリフト評判
一方クリーム肌は肌の表面に留まり、皮膚を保護する働きがあります。
オイルより持続時間が長く、肌をしっかり保湿してくれるという特徴があります。

シーンごとに二つを使い分け、自分に合ったケアをしましょう。

ネイルオイルとは

指先は他人の目に触れやすい部分です。爪が美しく健康的であれば、相手に与える印象もアップします。
ネイルで華やかに着飾るのも良いですが、爪本来を美しくキレイに見せることで、ナチュラルさと清潔感を与えることができます。
そのために欠かせないアイテムが、ネイルオイルです。
エミオンリフト
ネイルオイルは爪や甘皮を保湿して、健康的な爪を作り出す爪専用のオイルのことです。
保湿クリームで爪先を保護するのもいいですが、ネイルオイルは爪のことだけを考えて作られたグッズなので、より高い効果が期待できます。
使い続けることで、二枚爪やささくれ、爪の割れなど指先のトラブルを予防して、ツヤのある美しく健康的な爪を作り出します。