クマ改善に効果的なツボ押しマッサージ~眼区編~

クマ改善に効果的なツボ押しマッサージ~眼区編~

移動中や隙間時間に気軽に押せるツボでクマを改善したい、という方にオススメなのが、眼区というツボです。眼区は手の平にあり、名前の通り目に効果が期待できるツボです。

眼区のある場所は、手のひら側、人差し指と中指の間の付け根部分にあります。
少し分かりにくい場所にあるツボなので、周辺を押してみて気持ちいいと感じる場所を探してみましょう。そこが眼区です。

たるみにおすすめな美顔器を大公開!

眼区の押し方は簡単です。反対側の親指の腹で、上から押しこむようにマッサージをしていくだけです。
刺激が足りない場合は、円を描くようにツボを押しながら親指を回すと効果的です。

眼区は血行促進効果でクマの改善が期待できるツボです。
血行促進をすることで顔に必要な栄養素が行き届きやすくなるので、クマだけでなくアンチエイジングや美肌効果など幅広い効果が期待できます。

クマの種類とその原因~茶クマ編~

クマの種類とその原因~茶クマ編~

紫外線やメイクなどが原因で起こるクマが茶クマです。
茶クマは、目の下の皮膚が色素沈着を起こしている状態で、メラニン色素が肌に浮き上がってできるものです。

たるみにおすすめ!の美顔器って?

色素沈着は、ダメージを受けた皮膚が、肌の奥でメラニン色素を作り出すことで起こります。
通常であれば作られたメラニン色素は肌のターンオーバーにより排出されますが、作られたメラニン色素の量が多かったり、肌のターンオーバーが滞ることで、メラニン色素が肌に残り茶クマになってしまいます。

色素沈着の茶クマに対しては、メラニンを漂白する美白ケアで対策をしましょう。
スキンケアは美白成分が配合されているものを使い、更に集中ケアができるアイクリームで茶クマ対策をしましょう。

シミ対策スキンケアは同じラインのものを揃えて使おう!

シミ対策スキンケアは同じラインのものを揃えて使おう!

スキンケアでシミ対策をする場合、同じブランドの同じラインで揃えるようにしましょう。

シミ対策スキンケアはホワイトニング効果のある成分が配合されています。ホワイトニング効果成分は、ブランドにより使用しているものが異なります。また、同じブランドでも、違うラインのものでは配合成分が異なる場合があります。

美顔器 たるみにおすすめ

このように美白ケアと一言でまとめても、使用されている成分は様々です。成分によっては効果の発揮を阻害したり、合わせることで思わぬ肌トラブルを引き起こす原因となります。美白効果のある成分は肌に強い刺激を与えるものも多いので、組み合わせて使う場合は注意が必要です。
これらを防ぐために、シミ対策スキンケアは同じラインで揃えておくと安心です。安全対策だけでなく、アイテム使用後の肌の状態を考えてそれぞれのケア用品が作られているので、相乗効果も期待できます。

シミに高い効果が期待できる?ハイドロキノンとは

シミに高い効果が期待できる?ハイドロキノンとは

シミ対策のための美白成分は様々なものがありますが、その中でも高い効果が期待できるのがハイドロキノンです。

ハイドロキノンは、シミを作り出すメラノサイトの働きを抑制し、メラニン色素ができるのを防ぐ効果があります。
その効果の高さから、近年ではハイドロキノンを配合したクリームが市販で販売されるようになりました。商品によって濃度は異なりますが、1~4%の濃度のものが購入できます。

美顔器でたるみにおすすめなのはどれ?

ハイドロキノンは高い効果がある分、肌に負担も大きい成分です。自分で使う場合、まだ見えないシミに対して使用するのには向いていません。このため、市販のハイドロキノンは、主にできてしまったシミに対して使われることが多いです。
また、傷やニキビ、炎症や乾燥などのトラブルが起こっている肌には使用が向きません。

ハイドロキノン入りのスキンケアを使う場合は、商品ごとの使用方法を化ならす守るようにしましょう。