インナードライのスキンケアのコツを調べてみました

インナードライのスキンケアのコツを調べてみました

インナードライ肌とは、肌の表面はベタつくのに、
内部は乾燥しているお肌の状態のこと。
新陳代謝の乱れやバリア機能の低下が原因だと
考えられています。

効果でおすすめのたるみ美顔器

そんなインナードライ肌は、皮脂ケアよりも
「保湿ケア」を徹底するのがコツなんです。

例えば、ヒアルロン酸やヒト型セラミドなど、
保湿力が高く、肌のバリア機能をサポートしてくれるような成分を
お手入れに取り入れると良いんです。

そうすることで、お肌の保水力が高まって
インナードライ肌を改善していくことができると言われています。

保湿力が高いアイテムでケアすると、最初は肌表面のベタつきが
気になるかもしれません。
そんな時はそっとティッシュなどで押さえたり、
引き締めタイプの化粧水を軽くなじませてみてはいかがでしょうか。
インナードライが改善されると余分な皮脂も出にくくなるので、
しばらくは注意深くお肌の状態をチェックしてみてくださいね。