ネイルオイルはこんなトラブルに効果的

ネイルオイルはキレイな爪を作るだけでなく、爪のトラブル改善にも効果的です。

二枚爪やささくれは、爪の乾燥が原因で起こります。爪は普段から露出している部分で、ものに触れる機会が多いので、気が付かないうちに乾燥しています。
ネイルオイルの高い保湿力でカバーすれば、爪の乾燥を防ぎ二枚爪やささくれを予防、改善します。特に乾燥に気になる時期にはおすすめの対策アイテムです。
エミオンリフト美顔器
爪の割れは、ネイルなど爪へのダメージで起こります。ネイルをし続けると爪の表面が覆われっぱなしになり、不健康な爪になってしまいます。
すると爪が割れてしまい、場合によっては痛みを伴う症状に発展する恐れもあるのです。
ネイルオイルは爪の健康を考えて配合されたオイルなので、外側から爪に必要な栄養素を補給して爪のトラブルを防ぎます。

ネイルオイルの選び方

ネイルオイルの選び方として、まずは値段が挙げられます。
ネイルオイルは毎日使いたいアイテムです。指先は季節に関係なく乾燥する部分で、すぐにささくれや二枚爪などのトラブルが起こります。
オイルの保湿効果で外部ダメージから爪を守り、健康的でキレイな自爪にするなら、ネイルオイルは欠かせないアイテムなのです。
なので、毎日使える価格帯のものを選び、使い続ける習慣を身に付けましょう。高いオイルを買って購入が難しくなった、ということにならないよう、無理なく使い続けられるものを選びましょう。
エミオンリフト効果
形状も大切です。
マニキュア、ロール、スティックなどさまざまな形のネイルオイルがありますが、自分が一番遣いやすいものを選びましょう。実際に店頭でテスター使用をしてみるのもおすすめです。

ネイルオイルの正しい塗り方

ネイルオイルの塗り方は簡単です。

まず、爪先に汚れや油分が付着していないか確認します。石鹸で手を洗い流しておくか、コットンで爪先だけキレイに拭き取りましょう。
次にネイルオイルを塗っていきます。最初に塗るのは爪の根本です。爪先に向かい塗っていきましょう。爪全体に均等に塗ります。

次に、爪の側面にも塗っていきます。爪の側面はささくれができやすい部分なので、ネイルオイルで保湿しておけば効果的な予防ができます。
指先で爪先の指を少し引っ張り、爪の側面を露出させると塗り安くておすすめです。
爪の輪郭に沿ってネイルオイルをまんべんなく塗っていきましょう。
エミオンリフト最安値
最後に爪の先にネイルオイルを塗ります。二枚爪などの予防に効果的です。

ネイルオイルの形状

ネイルオイルと一言でまとめてもさまざまな形状のものがあります。
代表的なものとして、マニキュアタイプ、ロールタイプ、スティックタイプの三種類が挙げられます。
エミオンリフト口コミ
マニキュアタイプは、一般的なマニキュアと同じ形状で、ハケで爪にオイルを塗ります。容器は瓶で、透明なものが多いです。爪の細かい部分まで塗りやすい形状です。
同じハケが使用されているものでも、スティックタイプは持ち運びに便利な形状です。先端がハケになっていて、繰り出してオイルを補充します。
一風変わっているのが、ロールオンタイプです。内部にオイルが入っており、先端が玉状になっています。玉を転がしながら爪にオイルを塗っていきます。最も持ち運びがしやすく、外出先でぱぱっとケアできる手軽さがあります。

ネイルオイルとハンドクリームを使う際の注意点

ハンドクリームとネイルオイルの二つを同時に使うときには注意が必要です。

ハンドクリームは肌の表面に留まり、外部ダメージから肌を守ります。
手に塗ると自然と指先にもクリームが付着し、爪の表面にもクリームが付きます。この状態でネイルオイルを使用しても、思うような効果は得られません。
エミオンリフト
ハンドクリームには肌を守るための油分が配合されています。
この油分が爪先に付いた状態でネイルオイルを使用しても、油分に弾かれてしまいオイルが浸透しません。
すると、ネイルオイルに配合されている有効成分が爪に入らず、せっかくの効果も半減してしまうのです。

ネイルオイルとハンドクリームの両方を使用する際は、ネイルオイルをまず先に塗り、爪に馴染んだらハンドクリームを使いましょう。

クマ改善に効果的なツボ押しマッサージ~眼区編~

クマ改善に効果的なツボ押しマッサージ~眼区編~

移動中や隙間時間に気軽に押せるツボでクマを改善したい、という方にオススメなのが、眼区というツボです。眼区は手の平にあり、名前の通り目に効果が期待できるツボです。

眼区のある場所は、手のひら側、人差し指と中指の間の付け根部分にあります。
少し分かりにくい場所にあるツボなので、周辺を押してみて気持ちいいと感じる場所を探してみましょう。そこが眼区です。

眼区の押し方は簡単です。反対側の親指の腹で、上から押しこむようにマッサージをしていくだけです。
刺激が足りない場合は、円を描くようにツボを押しながら親指を回すと効果的です。

眼区は血行促進効果でクマの改善が期待できるツボです。
血行促進をすることで顔に必要な栄養素が行き届きやすくなるので、クマだけでなくアンチエイジングや美肌効果など幅広い効果が期待できます。

クマの種類とその原因~茶クマ編~

クマの種類とその原因~茶クマ編~

紫外線やメイクなどが原因で起こるクマが茶クマです。
茶クマは、目の下の皮膚が色素沈着を起こしている状態で、メラニン色素が肌に浮き上がってできるものです。

色素沈着は、ダメージを受けた皮膚が、肌の奥でメラニン色素を作り出すことで起こります。
通常であれば作られたメラニン色素は肌のターンオーバーにより排出されますが、作られたメラニン色素の量が多かったり、肌のターンオーバーが滞ることで、メラニン色素が肌に残り茶クマになってしまいます。

色素沈着の茶クマに対しては、メラニンを漂白する美白ケアで対策をしましょう。
スキンケアは美白成分が配合されているものを使い、更に集中ケアができるアイクリームで茶クマ対策をしましょう。

シミ対策スキンケアは同じラインのものを揃えて使おう!

シミ対策スキンケアは同じラインのものを揃えて使おう!

スキンケアでシミ対策をする場合、同じブランドの同じラインで揃えるようにしましょう。

シミ対策スキンケアはホワイトニング効果のある成分が配合されています。ホワイトニング効果成分は、ブランドにより使用しているものが異なります。また、同じブランドでも、違うラインのものでは配合成分が異なる場合があります。

このように美白ケアと一言でまとめても、使用されている成分は様々です。成分によっては効果の発揮を阻害したり、合わせることで思わぬ肌トラブルを引き起こす原因となります。美白効果のある成分は肌に強い刺激を与えるものも多いので、組み合わせて使う場合は注意が必要です。
これらを防ぐために、シミ対策スキンケアは同じラインで揃えておくと安心です。安全対策だけでなく、アイテム使用後の肌の状態を考えてそれぞれのケア用品が作られているので、相乗効果も期待できます。

シミに高い効果が期待できる?ハイドロキノンとは

シミに高い効果が期待できる?ハイドロキノンとは

シミ対策のための美白成分は様々なものがありますが、その中でも高い効果が期待できるのがハイドロキノンです。

ハイドロキノンは、シミを作り出すメラノサイトの働きを抑制し、メラニン色素ができるのを防ぐ効果があります。
その効果の高さから、近年ではハイドロキノンを配合したクリームが市販で販売されるようになりました。商品によって濃度は異なりますが、1~4%の濃度のものが購入できます。

ハイドロキノンは高い効果がある分、肌に負担も大きい成分です。自分で使う場合、まだ見えないシミに対して使用するのには向いていません。このため、市販のハイドロキノンは、主にできてしまったシミに対して使われることが多いです。
また、傷やニキビ、炎症や乾燥などのトラブルが起こっている肌には使用が向きません。

ハイドロキノン入りのスキンケアを使う場合は、商品ごとの使用方法を化ならす守るようにしましょう。

クレンジングが乾燥肌を招く原因

クレンジングが乾燥肌を招く原因

肌の乾燥の原因に、毎日のクレンジングがあげられます。では何故、クレンジングは肌を乾燥させてしまうのでしょうか。

クレンジングはメイクを落とすためのものです。このため、クレンジングを使用する際は指と肌の間に摩擦が生じます。
この摩擦が強いほど、肌の角質層はダメージを受けます。角質層は肌の水分を保持するもので、摩擦により角質層がはがれてしまうことで肌の水分保持力も低下し、乾燥肌を引き起こしてしまいます。

クレンジングに含まれている強力な洗浄力も、乾燥を引き起こす原因となります。
洗浄力が強ければ強いほど、角質層に与えるダメージも大きくなります。強力な洗浄力は、角質に必要な脂質まで洗い流してしまい、この状態が続くことで乾燥を引き起こしてしまいます。