クマの種類とその原因~茶クマ編~

クマの種類とその原因~茶クマ編~

紫外線やメイクなどが原因で起こるクマが茶クマです。
茶クマは、目の下の皮膚が色素沈着を起こしている状態で、メラニン色素が肌に浮き上がってできるものです。

たるみにおすすめ!の美顔器って?

色素沈着は、ダメージを受けた皮膚が、肌の奥でメラニン色素を作り出すことで起こります。
通常であれば作られたメラニン色素は肌のターンオーバーにより排出されますが、作られたメラニン色素の量が多かったり、肌のターンオーバーが滞ることで、メラニン色素が肌に残り茶クマになってしまいます。

色素沈着の茶クマに対しては、メラニンを漂白する美白ケアで対策をしましょう。
スキンケアは美白成分が配合されているものを使い、更に集中ケアができるアイクリームで茶クマ対策をしましょう。

シミ対策スキンケアは同じラインのものを揃えて使おう!

シミ対策スキンケアは同じラインのものを揃えて使おう!

スキンケアでシミ対策をする場合、同じブランドの同じラインで揃えるようにしましょう。

シミ対策スキンケアはホワイトニング効果のある成分が配合されています。ホワイトニング効果成分は、ブランドにより使用しているものが異なります。また、同じブランドでも、違うラインのものでは配合成分が異なる場合があります。

美顔器 たるみにおすすめ

このように美白ケアと一言でまとめても、使用されている成分は様々です。成分によっては効果の発揮を阻害したり、合わせることで思わぬ肌トラブルを引き起こす原因となります。美白効果のある成分は肌に強い刺激を与えるものも多いので、組み合わせて使う場合は注意が必要です。
これらを防ぐために、シミ対策スキンケアは同じラインで揃えておくと安心です。安全対策だけでなく、アイテム使用後の肌の状態を考えてそれぞれのケア用品が作られているので、相乗効果も期待できます。

シミに高い効果が期待できる?ハイドロキノンとは

シミに高い効果が期待できる?ハイドロキノンとは

シミ対策のための美白成分は様々なものがありますが、その中でも高い効果が期待できるのがハイドロキノンです。

ハイドロキノンは、シミを作り出すメラノサイトの働きを抑制し、メラニン色素ができるのを防ぐ効果があります。
その効果の高さから、近年ではハイドロキノンを配合したクリームが市販で販売されるようになりました。商品によって濃度は異なりますが、1~4%の濃度のものが購入できます。

美顔器でたるみにおすすめなのはどれ?

ハイドロキノンは高い効果がある分、肌に負担も大きい成分です。自分で使う場合、まだ見えないシミに対して使用するのには向いていません。このため、市販のハイドロキノンは、主にできてしまったシミに対して使われることが多いです。
また、傷やニキビ、炎症や乾燥などのトラブルが起こっている肌には使用が向きません。

ハイドロキノン入りのスキンケアを使う場合は、商品ごとの使用方法を化ならす守るようにしましょう。

クレンジングが乾燥肌を招く原因

クレンジングが乾燥肌を招く原因

肌の乾燥の原因に、毎日のクレンジングがあげられます。では何故、クレンジングは肌を乾燥させてしまうのでしょうか。

クレンジングはメイクを落とすためのものです。このため、クレンジングを使用する際は指と肌の間に摩擦が生じます。
この摩擦が強いほど、肌の角質層はダメージを受けます。角質層は肌の水分を保持するもので、摩擦により角質層がはがれてしまうことで肌の水分保持力も低下し、乾燥肌を引き起こしてしまいます。

たるみにおすすめ!と評判の美顔器

クレンジングに含まれている強力な洗浄力も、乾燥を引き起こす原因となります。
洗浄力が強ければ強いほど、角質層に与えるダメージも大きくなります。強力な洗浄力は、角質に必要な脂質まで洗い流してしまい、この状態が続くことで乾燥を引き起こしてしまいます。

ズボラすぎ…?でも試してみたい、朝のオールインワンマスクとは?

ズボラすぎ…?でも試してみたい、朝のオールインワンマスクとは?

ドラッグストアで美容グッズを物色していた時のこと…
パックでも買おうかな~と思っていたところ、
とんでもなくズボラな商品を発見してしまいました!

たるみ美顔器 おすすめ

それは、朝用のパック!
朝起きたら顔を洗わずに顔に貼りつけ、
しばらく置いたらそのパックで軽く拭き取りをすれば
そのままメイクができる!というものです。

つまり、洗顔、朝のスキンケアを一気に済ませてしまえるという
わけなんですね。

さすがにズボラ過ぎ!?と思いましたが、
朝は顔を洗わず、拭き取り化粧水で拭くだけの美容法もあるので
別に間違ったことではないんですよね!

時短になるし、肌への負担も抑えられて
逆に肌に良いのかも!?
朝忙しい女性には、こんなアイデア商品はうれしいですよね!

美容に関するアイテムの選択肢が増えるのは良いことですよね。
こんなアイデア商品を今後も楽しくチェックしていきたいと思います。

こだわる人はここまで…洗顔後の顔をタオルで拭くのはNG!?

こだわる人はここまで…洗顔後の顔をタオルで拭くのはNG!?

美肌のために、洗顔やスキンケアに気を配っている方は
多いのではないかと思います。

ですが、洗顔後のお肌を「拭く」行為に関しては、
皆さんそこまでこだわっていないのではないでしょうか。

美顔器 たるみ おすすめ

洗顔後のお肌って、とてもデリケートで
刺激を受けやすくなっているんです。

そのため、タオルでごしごしなんてもってのほか!
柔らかいタオルで軽く押さえるようにするのが正解なんですよね。
しかし!
いくら柔らかいタオルを使っても、わずかに残った洗剤・柔軟剤の成分や
毛羽立ちを気にする方もいるようで…。

そんな方は、顔だけはティッシュやペーパータオルで拭くんだそうですよ!

確かに、ティッシュやペーパータオルは吸水性が高いので
お肌により優しそうですよね。
そこまでは気にしたことがなかったのですが、
美を追求するならここまで気を配らないといけないのかもしれませんね!

インナードライのスキンケアのコツを調べてみました

インナードライのスキンケアのコツを調べてみました

インナードライ肌とは、肌の表面はベタつくのに、
内部は乾燥しているお肌の状態のこと。
新陳代謝の乱れやバリア機能の低下が原因だと
考えられています。

効果でおすすめのたるみ美顔器

そんなインナードライ肌は、皮脂ケアよりも
「保湿ケア」を徹底するのがコツなんです。

例えば、ヒアルロン酸やヒト型セラミドなど、
保湿力が高く、肌のバリア機能をサポートしてくれるような成分を
お手入れに取り入れると良いんです。

そうすることで、お肌の保水力が高まって
インナードライ肌を改善していくことができると言われています。

保湿力が高いアイテムでケアすると、最初は肌表面のベタつきが
気になるかもしれません。
そんな時はそっとティッシュなどで押さえたり、
引き締めタイプの化粧水を軽くなじませてみてはいかがでしょうか。
インナードライが改善されると余分な皮脂も出にくくなるので、
しばらくは注意深くお肌の状態をチェックしてみてくださいね。

やってるのは日本人だけ?「ダブル洗顔」をやめたらどうなる?

やってるのは日本人だけ?「ダブル洗顔」をやめたらどうなる?

クレンジング後に洗顔を行う「ダブル洗顔」は
実は「日本人しかやっていない」って言われることもあるって
ご存じですか?

たるみにおすすめの美顔器とは?

海外ではクレンジング機能のある洗顔料が主流だとか、
硬水での洗顔を避ける…などの理由があるようですが
毎日しっかり「クレンジング+洗顔」をするのは
お肌にとってはかなりの負担になるとも言われるようです。

そのため、「クレンジングのみ」や、「クレンジング機能のある洗顔のみ」に
切り替える女性も増えてきているようです。

ダブル洗顔をやめた方の感想としては、
・肌が乾燥しにくくなった
・洗顔だけでもメイクが落ちるのが分かった
などの好意的なものから、

・ヌルヌルするのが気になる…
・オイルクレンジングじゃないとメイクが落ちない!

などのリタイア宣言まで様々!

やっぱり、個人差があるようですね。

洗顔後のお肌の乾燥が気になる方は、思い切って一度
トライしてみてはいかがでしょうか?

バリウムでも胃カメラでもない!胃がんのリスクを知るための「胃ABC検査」ってなんだ?

バリウムでも胃カメラでもない!胃がんのリスクを知るための「胃ABC検査」ってなんだ?

日本人に多いがんだと言われている「胃がん」のリスクって
気になりますよね。

胃がん検診の方法としてはバリウムや胃カメラが一般的ですが、
どちらも身体に負担があり、ハードルが高い感じってありませんか?

たるみ 美顔器 おすすめ

そんな方に朗報!
簡単な血液検査でリスクを知ることができる
「胃ABC検査」というものがあるんです。

胃ABC検査とは「ピロリ菌の有無」や「胃粘膜の状態」を調べることによって
胃がんリスクをA、B、Cで判定するというものです。

Aタイプは健康的な胃で病気リスクは低く、
B、Cになると胃潰瘍や胃がんなどのリスクが高まると判定されます。

リスクが高くなると精密検査やピロリ菌の除菌、
定期的な観察が必要となりますが、
Aタイプだと判定されればとりあえずは安心できますよね。

新しいタイプの胃がんリスク判定、「胃ABC検査」は気軽に受けれるので
もっと広まってほしいなぁと思います。医療は日々進歩していますね!

もう試した?顔のたるみにも効く「肩甲骨はがし」

もう試した?顔のたるみにも効く「肩甲骨はがし」

背中周りって、知らないうちに凝り固まってしまうんですよね。
それって、顔のたるみの原因にもなってしまうんです。

少し前に話題になった、「肩甲骨はがし」は、
肩甲骨をほぐすことで顔のたるみを改善するメソッド♪
もう試してみましたか?
たるみに効く美顔器のおすすめ

肩甲骨はがしのやり方はこちら!

①バンザイするように両手を上げ、手の平を外側に向けながら
ひじを開くようにしてゆっくり手をおろす。

②腰に手を当て、肩甲骨を寄せるように、肘を後ろに動かす。

③首をぐるっと回す。

いろんな手順があるようですが、いずれの場合でも
肩甲骨周りの筋肉を動かすことを意識しながら行うのが
大事です。
まだ試したことがない方は、是非やってみてくださいね~。
顔のたるみ改善だけでなく、肩コリの解消にもなるので
試してみて損はナシです♪